**FREE★STORM**

嵐智くんLOVEの20代が更新する気まぐれ日記。
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Johnny's News
RECOMMEND
魔王 [DVD]
魔王 [DVD] (JUGEMレビュー »)

大野智初主演ドラマDVD!
1月9日発売。
truth/風の向こうへ(初回限定盤1)(DVD付)
truth/風の向こうへ(初回限定盤1)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
HYDRANT,多田慎也,櫻井翔,前口渉,Hans Johnson
8月20日発売!
『truth』はTBSで放送中のドラマ「魔王」の主題歌。
風の向こうへは日テレ系の北京オリンピックテーマソング。
フリースタイル―大野智作品集
フリースタイル―大野智作品集 (JUGEMレビュー »)
大野 智
大野智初の作品集。
フィギュアやペイントなど様々な創作品が載っています。
お勧めの1冊!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
VS嵐
今日は帰りが遅かったので、見れたのは後半から^^;
さっきざっと録画を見直しましたけども。
ジャイアントクラッシュでの智くんと潤くんの手繋ぎ(っていうか握り?)がもう可愛くてw
皆がいろいろ言って、迷ってなかなか押せない智くんをサポートする潤くんとか素敵でしたね♪
ジャングルビンゴでは何故か4人入っちゃったり(笑)
ツボがちょいちょいありましたね〜♪
後最近『怪物くん』がよく話題に出てきて何だか嬉しいな〜♪


しっかし今日は嵐ちゃんがないので暇ですな〜。
まぁ来週からは長瀬くん、東山さんとの共演もあるので楽しみなんですが☆
VSでの錦戸君との共演も楽しみだな〜。


明後日はついに怪物くんSP。
明日はVTRで番宣ジャックだそうですね。
多分ズームくらいしか見れないんだろうなぁ。。














JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
| VS嵐 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
VS嵐 11月1日放送分
翔『さぁもう早いもので11月の1日ですって』
雅『おっ!!』
翔『いやいやそんなリアクションじゃなくていいよ』
雅『明後日弟の誕生日だ!』
翔『おぉ〜。おめでとう』
(拍手)
雅『ごめん。13日』
相葉ちゃんの頭を叩く潤くんw
翔『明後日は違いますよ。11月3日は嵐のデビュー日でしょ』
雅『そうですよ』
翔『(智くんの肩に手を回して)もうすぐ満9年を迎える率直な気持ちを』
智『(カメラ目線で)嬉しいです』
翔『嬉しいですよね。そうですよね。間違ってない。何一つ間違ってない』
潤『いやいや。間違ってはないですけど正しいかどうかって言われると・・・』
 

翔『さぁという訳で本日のゲストお迎えしましょう。こちらの方々ですどうぞ〜!』
(拍手)
翔『さぁ本日のゲスト土田晃之さん、優木まおみさんのお二人です。よろしくお願いま〜す』
(拍手)
翔『土田さん。今日お子さんもいらしてくださってるということで・・・』
土『そうなんです。今日子どもがあそこにいるんですけど』
男の子2人、女の子1人が映る。一番上の子は恥ずかしいのか目線そらしてますw
土『こっち見ろ!嵐だよ!お前らが見たがってた嵐だ』
和『何で、何で今日いらっしゃってるんですか?』
土『いや嵐の大ファンで。楽屋見に来て、ポータブルDVDでずっと嵐のコンサート俺の楽屋で流れてるから』
翔『本当に?』
土『本当に。もっと言えばこの番組なんてずっと見てますよ。ハードディスクで毎週撮ってるんで』
和『(足を組んでる娘さんを見て)娘さんプロデューサーみたいですよ』
優『足組んでる可愛い〜♪』
土『まさか4歳で足を組むとは』
 
 
 
 
翔『まず一つ目の対決はピンボールランナー!』
(拍手)
翔『さぁ先攻ゲストチームからとなります。どちらが走りますか?』
土『え〜っと僕ですねー』
翔『ですよね(笑)』
優『やっぱ体力的に言って』
翔『今日土田さん凄い動きそうな格好してますね』
土『そうですね。僕の心のスポンサーであります、アディダス。心のスポンサーです』
優『特に本当ではない?』
土『そうですね。アディダスさんから何か物をもらったこととか一度もない。ただプライベートで300万円以上はアディダスに注ぎ込んでるっていうくらい』
会場『『ええ〜』』』
翔『それではスタンバイお願いします』
伊『さぁピンボールランナーまずはゲストチームのチャレンジです。土田さん、こういったゲーム得意ですか?』
土『得意じゃないですね』
会場『(笑)』
伊『体力にも自信がない?』
土『そうですね。中学高校と一度も部活には入った事ございません』
伊『なるほど』
土『サッカー好きですけど、サッカー部入った事ないんで』
会場『『ええ〜』』
伊『サッカー部じゃないんですか?』
土『はい。帰宅部ですよバリバリの』
優『え〜』
翔『えーてっきりサッカー部だと思ってました』
優『そうですよー』
潤『(優木さんと土田さん)逆の方がいいんじゃないですか?』
優『私運動は自信あるんですけど』
土『ねぇバスケやってたんだもんね』
優『ええ。でもこういう司令はちょっと苦手だと思います』
和『逆の方がいいじゃん!!』
土『苦手なの!?ちょっといい?司令がよくなかったら取れないからね』
伊『さぁ優木さんの司令が大きなポイントになります。制限時間は60秒。ピンボールランナースタート!』
 
伊『さぁ最初の1個ゲットしました。2つ目3つ目はこぼしているがさぁまだ30ポイント。ボール1個につき30ポイント。さぁそして2つ目ゲットなるか。まだ入りません。さぁこれは?ちょっと優木まおみの指示が裏目に出ているぞ。土田晃之まだボールを1個しかキャッチできない。言葉通り、こうしたゲームはあまり得意ではなさそうだ。さぁここで60ポイント。さぁボール3つゲットです。4つ目。さぁさらにペースが速くなる。さぁボールは5つ150ポイント。6つ目ゲットしました。さぁここでさらにスピードがアップします。さぁ時間がなくなってきた。どうか?最後に1個。取れるか?そこまでー!ゲストチーム210ポイント獲得です』
翔『土田さんどうしました?』
土『いやなんか結局その指示関係なく俺ずっとここに立ってただけだな〜と思って』
会場『(笑)(拍手)』
翔『いやでもそれで結構入ってましたよ』
優『結構入ってましたよね』
土『まぁテレビ的なことを考えるともっと動かなければいけなかったと思って』
 

翔『さぁそれでは後攻我々嵐チームです。誰行きます?』
潤『(挙手)はい僕行きます』
雅『よいしょ〜』
会場『(拍手)』
翔『松本くん。本日の自信の程は?』
潤『本日は全くもって自信がありません』
優『勢いよくはいってなったのに』
潤『なんだか体調が悪そうな気がします』
雅『ちょっと、ちょっとやる前に言わないでそういうの』
潤『はい』
翔『じゃあ二宮くん松本くんスタンバイお願いします』
伊『さぁピンボールランナー続いては嵐チームの挑戦です。ランナーは松本くん。司令台には二宮くんです』
和『はい』
潤『っていうかね、よく考えると久々なんですよねやるの』
和『ほ〜』
潤『1回しかやらないじゃん。凄い久々な気がするんだけど』
伊『やる前から言い訳ですか〜?』
潤『違います』
翔『作戦あるんですか?作戦』
和『でも7つ?ゲストチームが』
伊『ゲストチームは7つ。210ポイントです』
和『それには並びたいですよね』
翔『そうだよね』
潤『そうですね』
伊『さぁボール7つ以上取れるかどうか。では参ります。制限時間は60秒。ピンボールランナースタート!』
 
伊『さぁ最初の1個どうでしょうか。ゆっくりとベルトコンベアー動き出した。最初の1個ゲット!さぁそして2つ目ゲットです。さぁこれでさらにベルトコンベアースピードがアップします。4つ目がなかなか取れない。今ゲット。ボール4つゲット。5つ。さぁペースが上がってきた。調子が出てきました嵐チーム。どうか?ちょっと間に合わなかった。さぁ二宮の指示もなかなか的確なようです。さぁ早くもここで7つ。ゲストチームに並んだ。8つ。ゲストチームを上回りました。さぁ残り15秒。前に行けるかどうか。ペースが速くなっている。松本もちょっと苦しい場面だが。さらにボールここで1個ゲットだ。時間がないが・・・最後に2個入った!最後に2個入った〜!なんとなんとボール11個330ポイントでーす』
翔『初めて見ました!』
潤くんの走る真似をする相葉ちゃん
雅『全然進まないもん!』
潤『違う!』
雅『速いんだもん!』
和『凄いよ!』
潤『マジでこんだけ入ると(ベルトが)めっちゃ速いんだ!』
和『凄いよね〜!』
土『あんなに速いのはね〜・・・。チャップリンかなと思った』
会場『(笑)』











JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
read more...
| VS嵐 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
VS嵐 10/25放送分
翔『今週もゲストもちろんお二方来るわけですけども。
そのうちのお一方・・・相葉さんの先輩らしいですね』
雅『中学の』
潤『中学の先輩?』
雅『中学の先輩!』
和『素人さんとか平気で呼べるような番組なの?』
雅『いやいや素人さんとか言ってますけど・・・』
和『芸能の活動してるの?』
雅『言ってますけど。来たらおはようございます!ってなりますよ本当に』
翔『今回は先輩後輩直接対決ということで』
雅『そうですね。負けられないですね!』
翔『はい。というわけで本日のゲストお呼びいたしましょう。
こちらの方々です。どうぞ〜!』
 
拍手
 
翔『さぁ本日のゲスト、劇団ひとりさん、そして椿姫彩菜さんです。
よろしくおねがいしまーす!』

潤『どちらが先輩ですか?』
翔『僕もちょっとわかんないんですけど』
雅『どちらだと思います?』
潤『奥の方(ひとりさん)は何であんな格好を・・・?』
雅『先輩カッコいいじゃないですか!』
劇『相葉くん、相葉くん。ごめんね、こんな先輩で(笑)申し訳ない』
雅『そんなことない、そんなことないですよ!先輩決まってますよ今日。』
劇『実は本当に同じ中学なんですよ』
翔『意外な繋がりですよね〜』
劇『そうなんですよ』
翔『今日はどうしてそういった格好を?』
劇『今夜9時から我はゴッホになる!というドラマをやりまして。
棟方志功さんというね、あの版画の先生。実際にいた版画の先生の格好です』
潤『初主演なんですよね』
劇『初主演なんですよ〜。だからすんげぇ数字が欲しいんです(笑)』
 
 
 

フォーリングパイプ

翔『さぁまずは先行ゲストチームとなりますが、彩菜ちゃん!行きますか?』
端の方では智くんが妙な動きを(笑)
彩『はい、行きます!』
翔『じゃああちらにスタンバイお願いします』
彩『はいお願いしまーす』
翔『さぁそして我々チョイスは』
和『(手を挙げて)はい!』
翔『二宮くん!あちらの方へ』
伊『さぁフォーリングパイプ第一ゲーム、まずはゲストチーム椿さん、嵐チーム二宮くん
の対決になります。(眉間にしわを寄せてるニノを見て)おっと!二宮くん』
和『はい?』
伊『険しい表情ですね』
和『そうですね。いやもう負けれんないですね』
伊『椿さん大丈夫ですか?』
彩『はい』
伊『正直こういったゲームは得意ですか?』
彩『まぁ得意か不得意かって言ったら不得意かも知れないですけど。
いやでもヴァーサス(VS)嵐はずっと出たかったんですよ

翔『あの姉さん、ブイエス(VS)嵐・・・』
潤『まぁまぁまぁ・・・』
雅『まぁまぁまぁいいじゃん』
和『せっかく好きだって言ってくれてるんだからさぁ!』
翔『なんだヴァーサス(VS)嵐って!!』
和『好きだって言ってくれてるんだからいいじゃねぇか!』
翔『好きならタイトル間違えねぇだろう!』
和『いいじゃん読み方自由だろう!』
彩『すいません、ごめんなさい
伊『さぁでは二宮くん、落とすパイプを2本選んでください』
和『うわぁ今日なちょっと何かなぁ取られそうな空気出てるんだよな』
智『今日曇りだしな』
翔『まぁね』
和『そうなんです、そうなんです』
智『(収録日は)いつも晴れてるからね』
和『そうですよね、そうなんです』
テロップ:メンバー4人とひとりさんの頭上に、智くんの頭上に

和『よし行こう!』 (2と3をチョイス)
伊『椿さん』
彩『はい』
伊『準備はいいですか?』
彩『はい!バッチリです』
伊『では参りましょう。フォーリングパイプスタート!』
 
和『何か椿さん嵐の中で言うと櫻井くんが一番好きだみたいなこと言ってるんですけど。なにがいいんすか?』
パイプ落下

彩『いやぁ!!!』 (動揺して掴めず)
伊『椿彩菜1本も取れず〜!ゲストチーム0ポイント〜!やっぱりダメだった〜』
劇『ビクともしないじゃないか〜!』
彩『イメージトレーニングしてきたんですけどね〜。結構ずっと。何がダメだったんだろう〜』
潤『いやもう俺らがこっから(下から)見てて明らかに動揺してましたからね』
彩『ハハハ(笑)』
雅『あれは取れない』
和『じゃあ改めてなんですけど、なにがいいんですか?』
テロップ:(翔くんに矢印)→なにがいいんですか
彩『前ロケでご一緒させてもらった時に(@アラシちゃん)凄くこう紳士的だったんです
よね!私がちょっと泣いちゃった時も〜あのこう・・・』
会場『おー!!』
雅『そうなんですよ!いやらしいんです!いやらしいんですよね!』
和『ヴァーサスじゃねぇとか言ってた男ですよね?』
彩『さりげなく、何か(泣いた後だから)メイク時間ゆっくりかけていいよみたいなことを言って下さって』
会場から『おー』とか『ひゅー』とかいろいろ聞こえますw
雅『優しいんですよ!』
和『なーるほど!』
翔『お前さぁ聞き方はさぁ、なにがいいの?じゃなくてどこがいいの?だろ!』
潤『そこ気になってたんだ(笑)』
翔『なにがいいの?じゃないだろ』
 
伊『さぁ続いての対決、パイプキャッチは松本くん、対するチョイスは劇団ひとりさんです』
劇『相当やってらっしゃるんですよね、これ』
潤『やってますね〜』
劇『やってますよね!』
和『策士だぞ、相手は』
劇『え、ちなみに何・・どっち利きですか?』
潤『僕ですか?どっちだと思います?』
劇『まぁ普通右かな』
潤『右ですかね〜。(両手を見た後顔を上げて笑顔で)どっちですかね〜。』
劇『えー』
潤『右です、右です』
劇『右?』
和『あんま(潤くんを)見てると目でヤラれちゃいますよ』
劇『え、目でヤラれちゃう?えー目でヤラれちゃうの?』
ちょっとテレながらもひとりさんの方を見る潤くん(めちゃくちゃ可愛いw)
劇『あーヤラれそう!』
 『えーっとこれちょっとベタかな〜ベタかな〜』(2,3をチョイス)
潤『ベタとかないと思いますけどね』
伊『さぁ劇団ひとり対嵐チーム松本くんの対決ということになります。松本くん大丈夫で
すか?』
潤『僕ねぇ』
伊『はい』
潤『3捨てようかな!』
劇『3捨てられたかぁ・・・』
伊『おっと早くも駆け引きが始まっています。では参ります。フォーリングパイプスタート!』


劇『最近電化製品が好きみたいですね』
潤『好きですね〜』
劇『あれ?』
(GOボタンを押すフリを1のボタンを押すを数回繰り返して、GOボタンを押す)

パイプ落下

伊『さぁこれは松本潤なんと200ポイント〜!』
潤『あざーす!』
伊『劇団ひとりのフェイント全く効果なし〜!』
潤『卑怯ですよ、だってずっと机叩いてあれ行かないな〜みたいなこと言ってるんでしょ?』
劇『なんかあのトラブルを装って・・・』
潤『危なかった〜』
和『パッて見たら1押してたじゃないですか?』
劇『そう』
和『で俺たちもそれ作戦だなと思って黙っといたんですよ。男と男の勝負だから』
劇『えぇ』
和『それなのに200取られましたね』
劇『結果すげぇ小っちぇ男みたい。すげぇ損した』
 

伊『さぁ続いてフォーリングパイプ続いては先輩、後輩対決になりました』
劇『本当取るぞ!これ低く構えてもいいんですか?』
潤雅『いいです』
ニノは手元で何か弄ってるけど・・・カード?それとも手を弄ってるだけなのかわからない^^;
彩『多分低い方が取れますよ』
劇『低い方が絶対得でしょう!寝転がってもいいの?』
潤『いいですよ』
和『寝転がってやりましたよ』
彩『え〜』
潤『ちなみにそれ1,2来たらどうするんですか?』
雅『掴めます?それ』
劇『全然イケる』
和『3,4は?』
会場『お〜!(拍手)』
劇『あれ?イケちゃうかもしんない!』
和『ただそれ一つ気をつけないといけない。距離感わからなくなっちゃうんで』
彩『そうですよね』
劇『距離感がわかんなくなる?』
和『落っこって来るのも』
劇『はい』
和『真っ直ぐ落っこって来るじゃないですか。だからどこが200なのかとかっていうのはあんまわかんない』
劇『え〜?っていうか嵐すげぇ優しいんだけど。なんかいろいろ教えてくれるよ〜』
伊『さぁでは相葉くん先輩後輩対決ということになりました』
潤『気ぃ使うなよ先輩に』
雅『わかりました。気使わない』
潤『勝負だからな』
劇『よーし』
雅『先輩行きますよ』
劇『OK!』
雅『いいんですね?』 (3,4をチョイス)
劇『頼むよ相葉くん』
雅『わかりました』
劇『俺が何丁目に住んでたかとか知ってるでしょ』
雅『知ってます(笑)』
劇『いいよ、そういう数字とか絡めてきても』
和『その数字押すな!』
雅『ハハハハ!!』
伊『さぁ現時点で200ポイント差あります。では参ります。フォーリングパイプスタート!』
 


雅『先輩!』
劇『はい!』
雅『昨日僕あの先輩よろしくお願いしますって夜電話したんですよ』
劇『本当ですか!』
雅『はい!あのそしたら現在使われておりませんって言われて』

パイプ落下

伊『ダブルキャッチ〜!寝そべったまま50,30、80ポイント〜!劇団ひとり先輩の意地を見せましたー!』
雅『凄い!凄いんですけど、先輩番号変わってましたよ』
劇『嘘だよ〜!』
雅『本当ですよ。僕昨日電話しましたもん』
劇『嘘だよ!』
雅『後でちょっとその話は・・・』
劇『後でちょっと後で話つけようよ』
翔『いやでもねぇポイントこそ低かったけどもただダブルキャッチは本当凄いですよ!』
彩『すご〜い』
雅『凄い!』
翔『それでは後攻我々嵐チームとなります』
和『ここで!接線演出しますか!』
潤『接戦パターンですか・・・』
和『(スタッフさんの方を見ながら)接線パターンもいいよね』
潤『(翔くんの肩に手を置いて)じゃあ行こうか!』
翔『じゃあ?接線じゃあ俺?はあ』
和『いやでも本気見せてもらってもいいですよ』
翔『本当ですか?(胸に手を当てて嬉しそうに)いやでも指名されたのも久々なんだけどドキドキしました』
和『チョイスの方は椿さんが!』
彩『はい』
伊『最後の対決はパイプチョイスを椿彩菜さん。対するパイプキャッチは嵐チーム櫻井くんです』
彩『すごい本気ですよね』
伊『久々に付けるこのニーパッド』
和『ねぇ』
潤『椿さんすら付けなかったけど』
和『そうだよ』
彩『付けなかった〜』
和『翔さんちなみにそこに立つのは?』
翔『俺ねぇ3ヶ月振りくらいじゃないかなぁ。俺今すげぇドキドキしてる』
彩『チャンスじゃないですかもしかしたら』
和『ゲスト対ゲストじゃん』
翔『俺あんまやったことねぇんだよ』
潤『どうやってやる?寝る?』
翔『どうしよう、寝てみようかな』
和『いやだから翔さんここで』
劇『寝るのはマジでお勧めです』
和『いや本当にお勧めです、それは』
翔『本当?』
和『寝てみよう』
智『寝てみよう』
伊『嵐チーム櫻井くんはなんと仰向けに寝てきました。ニーパッド全く意味ナシ』
劇『本当だ(笑)』
彩『確かに』
雅『本当だよ』
劇『本当だあれ何なんだよ』
翔『本当だ・・・』
彩『よし』
伊『さぁ椿さん選びましたね』
彩『はい』
伊『さぁでは参ります。フォーリングパイプスタート!』
彩『櫻井さん』
翔『はい』
彩『血液型はA型だそうですね』
翔『そうですよ』
彩『割と几帳面ですか?』
翔『案外そうでもないかも・・・』
彩『あっじゃあカバンとかも結構汚い感じですか?』
翔『超汚いですね』

パイプ落下

伊『ダブルキャッチならず〜!櫻井翔!おっと苦しそうだ、苦しそう!あの表情で50ポイント〜!』
雅『翔ちゃん50取れたなら凄いよ』
翔『本当?』
雅『うん、な・・・』
和『翔さんだって、ね』
雅『ねぇ50も取ってなかった』
伊『これは凄い成長です』
翔『本当に?』
伊『3ヶ月前のデータが今手元に入ってきました。櫻井くん3ヶ月前は10ポイントでした』
翔くん笑いながら崩れる(笑)
潤『よくやったよ〜!』
翔くんの肩を叩くニノ。
 
 
翔『続いての対決はクリフクライム〜!』
 『さぁ先攻ゲストチームになります。クライマーはひとりさんですか』

劇『はい』
翔『サポーター彩菜ちゃんということですけども』
彩『はい』
翔『ひとりさんこれ行けますか?今回ねぇ難しくなって』
劇『ええ』
翔『あそこねずみ返しと呼ばれるらしいんですけど。こう逆の方に傾いてるんですよ』
劇『あ〜』
翔『マイナスの角度に』
劇『はい』
翔『登りきれますかね?』
劇『でもあのあっちにしか50点はないんですよね』
翔『そうなんですよ』
劇『今負けてる状態なんでやっぱちょっと一か八かあっち行きたいですね』
翔『そうですよね』
劇『ただね、心配なのが僕この格好が(登るには)似合わないと思う!クライミングの格好じゃないんですけど・・・』
翔『脱ぐわけにはいかない?』
劇『脱ぐわけにはいかないですね』
潤『なんでですか?』
劇『番宣だから!』
翔『ではあちらへスタンバイお願いします』
劇『よ〜し』
翔『椿さんもあちらへ』
伊『さぁクリフクライム、クライマーは劇団ひとりさん』
劇『はい』
伊『椿さんがサポートします』
彩『はい、お願いしま〜す』
伊『棟方志功ルックのままですがひとりさん。自信はありますか?』
劇『今あの動きやすいようにってことで、松本さんがここ(後ろを)たくし上げてくれたん
ですよ。なのでその応援もあるので絶対負けられないですね』
潤『頑張って〜
劇『はい。なんか嵐すげぇ優しいんだけど!』
伊『では参ります。制限時間は60秒。クリフクライムスタート!』
 『さぁ劇団ひとりが登りだした!まずは20ポイント。さらに30ポイント40ポイント順調にどんどん叩いていく。さぁそしてねずみ返しゾーンに入ってきた。さぁグリップを見事ゲット!』

雅『時間ある、まだある』
和『後40秒ある40秒!』
彩『後40秒!』
伊『棟方志功がここで今50ポイントのボタンをゲット』
劇『(グリップ)ちょうだい!』
伊『ちょっとここでサポーターが、サポーターがスタンバイできていない!これは大きなロスになった。しかしグリップを・・・』
劇『もう無理!』
伊『さぁ登って行く!現在150ポイント!ここでクリア〜!』

14秒残し250ポイントゲット。

翔『ひとりさん降りてきてください』
劇『え?』
和『そのまま飛べば』
雅『大丈夫です』
劇『本当に言ってんの?』
和『じゃあやめますか番宣?』
劇『番宣やります』
和『飛び降りながら言ってください』
劇『くっそ〜』
会場・椿さん『頑張れ〜』
劇『番宣ってこんなに大変だったっけ?』
和『飛び降りながら今夜何時か言ってください』
劇『あ゛ー!いいよ行くよ行くよ!あ〜!こ〜〜〜〜っ!!』
潤『ひとりさん番宣できなかったじゃないですか』
劇『今夜の”こ”しか言えなかった』









JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
read more...
| VS嵐 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
VS嵐 最強王者決定戦
面白かった♪
昼間の方が好きだな〜とは思いましたけども。
翔くんいじりも見れなかったしさ(笑)
あれ結構好きなんですけどねー。
ってか大宮は時間帯関係ないんですねw
初っ端から引っ付いてましたけどもw
和むわ〜★☆




・フォーリングパイプ
さすがチョイス王子のニノ!
そりゃ木下さんも吃驚するよね。
何か話すと思わせといて即座に落とすと。
初回でココリコと対決した時もやってたよね。
そして智くんが高島アナにやられた戦法(笑)
肘をついてクレーンで上がっていくニノがかっこよかった
智くんはキャッチの方行ってほしかったな〜。
でも高田さんにガン見されて台に隠れてカメラ目線が可愛かったからいいやw
本当なんであんなに可愛いんでしょうね?
絶対27歳じゃないって!
相葉ちゃん、好きなのはわかるけど見ちゃダメ!(笑)
素直すぎるぜ相葉ちゃん・・・。
キャッチにはあまり向いてないと思う(笑)
潤くんも今回は点数低かったし・・・^^;
残念だったな〜。




・ピンボールランナー
小島さんよく知ってますね。
序盤から2位狙いの翔くんに

『4年前にトップになろうって決めたじゃん!』
よくご存知で(笑)
なんか嬉しかったっすね。

翔くんの司令的確でしたね☆
以前相葉ちゃんが司令をやった時の『前!』『後ろ!』はわかりずらそうだったのに(笑)
智くんもお疲れ様です!
智くん過去最高だよね、多分。
レギュラー放送では7、8が平均だもんね。



・出張フォーリングパイプ
まだ先輩も座ったことのない新番組のセットでくつろぐ嵐w
そして『バカじゃないの!?』の長瀬くん(笑)
なんか子どもの喧嘩みたいw
プレッシャーをかける山口くん面白かったw
ダブルキャッチもさすが!
長瀬くん恐るべし。早いっすね!!
ってか・・・先輩が酔って後輩に電話してきた時のリアルにテレビじゃ言えない話って何ですか!!
気になるじゃん。
せっかくだからTOKIO全員とやってほしかったですね〜。
そしてはねトびチーム。
嵐・・・深夜まで待ってたんですね。
お疲れ様です^^;
20秒間でも潤くんの人生の中に入り込みたいアブちゃん(笑)
重い言われてましたけどもw
しかし何故潤くんはバーのマスターの名前を知ってたんでしょう?
誰かから聞いたのか・・・まさか知り合いだったりするんですかねー。
動揺したアブちゃん0点(笑)
そもそも山張る場所が間違えてるもんね(笑)




・クリフクライム
ニノさすが!
身軽ですな〜。
最後ちょっと腕かすっちゃったのか気にしてたね。
サポートの翔くんと相葉ちゃん・・・。
失礼な言い方するなばら役立たず!(笑)
潤くん・・・プレッシャーの中凄かった!
表情が素敵でしたね〜。
真剣でカッコよかったよ♪
なんか見ててドキドキしました。
こちらのサポーターの大宮は見事!
潤くんも凄かったけど、芸人さんのおかげってのもちょっとあるよね^^;
原西さんと有田さんがボケなかったらワッキーは上まで登ってたと思うし・・・。
ボケも面白いんだけ
どわざとらしいのがちょっと気になった。
でもありがとう(笑)
意気消沈した芸人チームにニノが
『じゃあ後1回いらないよね』
ってズバッと言っちゃうのが好き(笑)
何よりニノ楽しそうだしね♪




・ローリングコインタワー
通常とルール変わってるね。
SP仕様かな?
積み上げるコインの点数次第では逆転できるのがこのゲームの面白いとこだったのになー。
今回は3種類のコインを必ず積まなきゃいけなくて、確実に倒した方が負けだもんね。。
翔くーん・・・!!
やっぱりやってくれたなw
まぁこれぞVS嵐って感じでしたけども(笑)
肝心なとこで倒しちゃう翔くん。
思いっきりテレビの前でズッコケましたw
2位ってとこが嵐らしいってニノが言ってたけど・・・。
まぁ確かにそうかも知れないけど、そこは勝ってほしかったよー。
最後『松潤としばらく目合われらんないな』と言った翔君がかわいいw
そして目が合わないように隠す大宮が更に可愛いw




1時間半短かったなー。
ついでに2時間でやってほしかったよ(笑)
これを機に放送地域増えるといいですね☆
もちろんお昼放送のままでお願いします!






JUGEMテーマ:ジャニーズ
 
| VS嵐 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
VS嵐 9/27放送
今回は直前SPってことで、反省会をしているソファでトーク。
翔 雅 潤 智 和の並びです。


『VS嵐最強王者決定戦直前SP〜!』
(拍手)
『いや〜土曜日のお昼にお届けしてましたVS嵐、なんと今度の水曜日10月1日夜10時から1時間半SPです!』
『ってことは全国の皆さんに見ていただけるってことですね』
『4月から始まって、連敗を重ね勝ち・・勝てるようになった今だからこそ見ていただきたい』
『なるほど〜』
『これねぇ7月とかにやったらねぇ連敗中にやったらどうしようもない(笑)』
『なるほどね』
『よかったですね』
『よかったです』
『勝てるようになってね〜』
『やんなくてもわかってるからね』
『最強じゃないからね』
『これでもさぁやっぱこれ見てて、今リハーサルもちょっとやってましたけどTV見てる人もゲームやりたくなったりするんじゃない?』
『ん〜多分ねー』
『多分、なんであんなのもできないんだって思われてるんだよね』
『パイプキャッチとかね。結構難しいんだよね』
『あそこに立つだけでねいろんなプレッシャーがね、かかってきますからね。見てるだけじゃないね』
『でも見てる人は楽しんで普通にね。そんなこと言ったりしながら。楽しいんじゃないですか?』
『今回1時間半だからゲストも凄いですよ!』
『また〜』
『最強王者決定戦ですからね』
『ちょっと紹介してくださいよ』

ここが凄い!見所1:対戦ゲストが豪華!
くりぃむしちゅー
木下優樹菜
ペナルティ
FUJIWARA
+大物(?)芸人


『今回嵐チームと2つのチームの三つ巴戦となります』
『おっ!』
『なるほど』
『芸人チーム』
『チョイスがおかしいよね芸人チームって』
『大丈夫なんじゃない?芸人さんは大丈夫なんじゃない?』
『最強を決めるのに芸人さんチームがあるんですか?』
『そうです。なにはともあれ芸人さんチーム!』
『まぁ確かにね』
『必要だよ、必要だよ』
『このペナルティの2人とか運動神経凄い良いと思いますよ』

ペナルティ:市立船橋高校サッカー部OB

『くりぃむさんに至っては(いなくても)大丈夫なんじゃない?』
『くりぃむさん・・・くりぃむさんって動けんの?』
『(カンペを見て)2人とも高校ラグビー部だって』
『そうなの!?マジで。それ知らなかった』
『そこいっさい売りに出してないんだね(笑)』
『じゃあさ、俺今日初めて知ったんだけど木下優樹菜ちゃんは芸人だったんだね』
テロップ:おバカ芸人?
『そうです、芸人さん枠で今回』
『そこの情報はあるわけ?』
『(事前に書いてもらったデータを見ながら)こちらはですね、パワー5.バランス5に比べ瞬発力・持久力・精神力極めて低い1、または0という数字がついてます。ちなみに瞬発力0。(理由が)最近よく棚とかにぶつかるので』
『『『『・・・・・・・・・・・・』』』』
『歩いててね・・・ぶつかっちゃうんだね』
『まぁここには勝てるだろうな』
『この他にも実は最強芸人さん来ますから。超大物!』
『え?今は隠しなんですか?』
『超大物?』
『超大物なの?マジで?』
『僕は正直会いたくて会いたくてしょうがなかったです』
『え?会ったことない?』
『いや〜ないです。メイクルームとかならちょっとありますけど。僕が見た時はテレビで見る姿と違ったんで』
『教えて欲しいな〜』
『え、じゃあここ(芸人チーム)だったらキャプテンの位置に入る感じの人ですか?』
『ってことだよね。大物だから』
『キャプテンには入んないです』
『じゃあどの辺に入るんですか?写真の位置でいったら。大体でいいですよ』
『写真の位置でいったら・・・ここら辺(かなり外れたところ)』
『え!?』
『ちょっちょっとごめんなさい。なんとな〜くちょっと小物な感じがしてる・・・・』
『大物、小物っていうより別枠っていう感じですね』
『芸人チームの別枠?』
『ただ僕のイメージですけど、瞬発力だけは半端じゃないと思います』
『それはな・・何故?』
『速い!芸風が速い!!速い芸風』
『頭のキレとかじゃなくて?』
『うん。まぁ豪華芸人チーム』
『期待していいわけですね、そこはね』

芸人チームのイチオシのチームは?

上田『ワッキーがいるから!』
ワッキー『いやいやまぁ・・・』
上田『俺全部のゲームワッキーがやればいいと思う。正直FUJIWARAいらないと思う』
藤原『なんでやねん!ゆずっとんねんお前らリーダー!お前らの後輩やのに!!』

FUJIWARA 芸暦19年(先輩) くりぃむしちゅー芸暦17年(後輩)

藤原『仕事量でゆずっとんねん!仕事量でそっちの方がリーダーや!』
有田『気合の一言を最後原西さんに・・・』
藤原『いったれお前!』
原西『気合といえばこれでしょう!いきますよ!せーの!!』
  『気合だー!気合だー!気合だー!普通だ〜』

・・・普通?

有田『チームワークが今んとここうねな・・ないように見えるじゃないですか。チームワークを深めるギャグないですか?』
上田『ほしいな〜』
原西『有田バカにしてるうちの相方』
上田『ないよ絶対』
藤原『どんな状況にも当てはまるギャグ持っとんねん』
上田『ないでしょ』
原西『ないなぁ〜』
ワッキー『ギャグ何個あるんでしたっけ?』
原西『一兆個』
ワッキー『絶対あるでしょ、一兆個あったら』
有田『今の突っ込み(全員ズッコけた)でまとまった。』
『『『『頑張るぞ〜!』』』』
藤原『エイエイ オー!!』
『『『『古っ!!』』』』



『最強王者決定戦に相応しい、アスリートチームです!』

アスリートチーム
前園真聖
高田信彦
池谷幸雄
片岡安祐美
内藤大輔
村主章枝


『こういうチームだよ!』
『こういうのは確かに戦う感じするわ』
『強そうだな〜』
『これ凄いでしょう〜』
『この、このメンツには勝てないでしょ』
『豪華だよね!格闘技からサッカー、そして野球、体操とスケートの』
『ボクシング』
『かなり豪華なんですよ』
『これは強そうですね〜』
『ここ絶対強いだろ!』
『僕ねぇ池谷さんねぇ大江戸温泉で会ったんですよ』
『おお!どうでした?』
『夜中、夜中行ったんですけど』
『その体格的にどうでした?』
『もうまだまだ現役のマッチョマンって感じがしましたんで』
『あ〜そう』
『ああ』
『未だにさバク転とかで登場するもんね』
『そうだよね』
『よくできるよなぁ・・・』
『アトランタ銅メダル取ってますからね』
『前園さんとかさぁ〜』
『カッコいいよね』
『凄いよね』
『内藤選手!』
『内藤選手!』
『内藤選手〜』
『これ意外だったんだけど。瞬発力が5!一番自信がある、なぜならばハンドボール部で鍛えました。ハンドボール部やってたんだって』
『やってたんだ〜』
『『へ〜〜(大宮)』』
『え、瞬発力ってボクシングの方が凄そうじゃない?』
『いや、でも元々高かったってことでしょ。それで』
『フォーリングパイプとか超速そうだね!』
『本当だよね〜』
『でも速すぎてダメな』
『先に掴んじゃうパターンね』
『初期の松潤タイプだね。最初の速いタイミングで掴んじゃうみたいなね』
『ここでもやっぱりアスリートのキャプテンは総統(?高田さんのことらしいです)でいいんですか?』
『もちろん総統でお願いしたい』
『総統のあのちょっと聞きたいな』
『総統はでも俺正直な話ちょっとなんとなくですけど・・・・・・・あんま動けないよね?』
『いやいやいやまだまだでしょう』
『と思うじゃん、俺ね総統やっぱさすがだと思ったよ』
これ円グラフでl今回パワー、瞬発力、持久力、精神力、バランス。付けてもらってるんだけど全部に5がついてるわけです。そしてただ一言。』
『体力にはまだまだ自信あり。すべて満点ということ。以上。の一言です』

『だってそのさぁ円グラフ自分で付けてるわけでしょ?(笑)』
『もう全部満点自信満々だってことですよ』
『えぇ〜でもここはやっぱ女子が2名入るわけですな』
『そうだね』
『その女子(片岡・村主)も凄いんだもんね』

片岡:女子野球ワールドカップ2008世界一
村主:世界フィギュアスケート選手権2006 2位
   トリノオリンピックフィギュアスケート 4位


『女子は凄いぞマジで!』
『いずれにしてもアスリートチームは元々さぁ動かしてるわけだからさぁ』
『そうだね』
『そうなんだよね〜レベル高いっすよ』
『高い!スイッチ入っちゃったら止まんないだろうね!』









JUGEMテーマ:


read more...
| VS嵐 | 18:29 | comments(2) | trackbacks(0) |